JR飯田線秘境6駅探訪の旅が人気-JR東海ツアーズ

飯田線といえば、愛知県豊橋市の豊橋駅と長野県上伊那郡辰野町辰野駅を結ぶJRの鉄道です。

全長200キロ、日本の真ん中を走る鉄道です。

この飯田線というのはなかなか興味深い路線で、断崖絶壁、深い山中、無人の原野の真ん中に駅があります。まさに秘境と言っても過言ではありません。

人が足を踏み入れないようなところにある駅って、なんだか魅力的じゃないですか?心惹かれるものがあります。

この飯田線の秘境駅を訪れるツアーが人気だそうです。
訪れる駅は合計6駅で、それぞれ千代駅、金野駅、田本駅、為栗(してぐり)駅、中井侍駅、小和田駅です。

途中にはビューポイントと呼ばれる絶景が見れる場所もあるそうです。

天竜川橋梁、平岡ダム湖畔、S字鉄橋、宇達川の4つをめぐります。これらは電車から見る形になりますが、スピードを落として運行してくれるそうです。じっくり絶景を楽しめそうですね。

紅葉の季節なら、なおさら眼前に広がるパノラマに圧倒されそうです。きっときれいな景色が広がってるんでしょうね。

3人から4人連れのグループにはテーブル付コンパートメントを準備してくれるそうです。家族で行ったり、仲の良い友達と行くと向かい合いながら和気あいあいと旅が楽しめそうです。

2コースあるようで、1つは1泊2日のプランです。
飯田線を巡る旅が1日目、2日目は元善光寺で住職によるお話を聞いてリンゴ狩りをし、買い物などを楽しんで名古屋に帰ってくるコースです。料金は名古屋駅発で大人1名が21,500円だそうです。

もう一つが日帰りの飯田線を巡る旅です。上記プランの2日目がないコースですね。
これだと値段は半額になって、名古屋駅発着が大人10,900円(子供は6,900円)、豊橋駅発着が8900円(5900円)だそうです。

面白そうですね。

どこかにタイムスリップというか、ワープというか、そんな感じが味わえそうです。非日常の世界を楽しみたいですね。

申し込みはJR東海ツアーズでできるそうです。
詳細はこちら。
http://ebook.jrtours.co.jp/list.asp?sc=3&plan=1&landinggroup=4&landing=9