タグ別アーカイブ: 神戸

羽生結弦の神社~神戸の聖地・弓弦羽神社への旅

男子フィギュアスケートの羽生結弦選手、がんばっていますね。
ソチオリンピックの金メダルは見事なものでした。日本中が歓喜しましたよね。

その羽生選手の聖地としてとても人気が高まっているのが、神戸市にある弓弦羽神社です。「ゆづるは」神社と読みます。

IMG_1543

なぜ羽生選手の聖地なのかというと、「弓弦羽神社」の文字を見ていただければわかるのではないでしょうか?羽生選手の名前が隠れているように見えますよね。ファンの方は一度お参りしてみるのもよいかもしれませんね。

勝負運のご利益も

 

実際に羽生選手も訪れたことがあり、その時に絵馬を奉納しています。そして見事ソチオリンピックの金メダルにつながったそうです。その時の絵馬は今でも大切に神社に保管されているそうです。
この神社は勝負事に強い神社なのかもしれませんね。

このエピソードが元になって、この神社は勝負運にご利益がある神社としても注目されているようです。この神社に絵馬を奉納したり願い事をすることで、勝負に勝てるといいですね。

この神社は延慶2年(1309年)から続く由緒ある神社です。なんと鎌倉幕府のころから続いているようです。とても歴史のある神社みたいですね。

私も実際にこの神社には何回かお参りに行っています。私も何かご利益があるといいなと思いつつ、いつも願い事をしています。まだ絵馬は奉納したことがありませんが、羽生選手のファンの絵馬が最近は増えていたり、勝負ごとに勝ちたい人の絵馬が多く奉納されるようになっているようです。

近くには香雪美術館というとても品のある美術館もあり、日本画の展示も行っています。お参りした後に絵の鑑賞をしてみてもいいかもしれませんね。

 

アクセス

 

住所:〒658-0048 兵庫県神戸市東灘区御影郡家2丁目9-27

神戸方面から行く場合

阪急神戸三宮駅から大阪梅田方面に向かう電車に乗り、御影駅で下車します。駅から徒歩で5分の距離にあります。

大阪方面から行く場合

阪急梅田駅から阪急神戸線に乗り、御影駅で下車します。徒歩5分です。

 

弓弦羽神社周辺のホテルや航空券などを探す

 

羽生選手のファンとしては一回は訪れておきたい場所です。
三宮まで電車で10分ほどですし、大阪までも20分くらいととても近い距離にあるのでアクセスに便利です。
三宮や大阪でホテルを予約すれば簡単に移動することができます。

ホテルの予約はこちら↓
【じゃらん】 神戸、兵庫のホテル・宿の予約

神戸布引ハーブ園から百万ドルの夜景を見る旅

神戸は港町として有名ですよね。早くから開港したこともあり、外国人の割合も多く異国情緒あふれる街です。おしゃれな雰囲気でとても人気があります。

この街の魅力は昼だけでなく、夜にもあります。それは、百万ドルとも二百万ドルともいわれる夜景です。
いくつかのビュースポットがありますが、おすすめの夜景スポットの1つが神戸布引ハーブ園です。新神戸駅のすぐ隣にロープウェーがあり、10分ほど乗るとハーブ園に到着します。

ここからは神戸の街を一望することができます。三宮の街だけでなく東西に延びる阪神地区の街並みが広がります。少し遠くを見るとポートアイランドと六甲アイランドという人工島が見え、神戸空港もその先に見ることができます。そしてその向こうは、瀬戸内海が静かに広がります。空気が澄んだ日は、遠くは紀伊半島、関西空港まで見渡せます。まさに関西を一望できるくらいの素晴らしい景色です。

夜になるとこれらの街から放たれる光が眼下一面に広がります。光の絨毯が広がっているのではないかと思うくらいの素晴らしさです。

また、ロープウェイから夜景を眺めることができるので、夜景が動く様子が味わえます。高さによって見え方が変わり、夜景がだんだん広がっていく様子が楽しめます。これはなかなか体験することができないので、ロープウェイならではの面白さですね。

きっとカップルで行くとロマンティックな気分になるのではないでしょうか?

家族や友達と行っても良い思い出になるでしょう。

このハーブ園が良いのは、アクセスのしやすさです。
なにしろ新幹線の駅のすぐ隣からロープウェーが出ています。JR三ノ宮駅や阪神・阪急三宮駅からも徒歩で10分くらいの近さです。とにかく便利です。日帰りで神戸の夜景を見たいなら、ここはとても手軽な場所です。

ただ残念なのは、夜景を見るためにハーブ園に行ける日が限られるということです。

具体的な期間は、夏場の7/20~8/31は、平日休日を問わずやっています。

ただ、3/21~7/19,9/1~11/30の間は平日はお休みで、土日祝日だけに限られます。それ以外の日はナイター営業はやっていません。冬場は寒いので夜景を見るには適していないかもしれませんね。

時間は9:30~20:15(ロープウェイ上り時刻)です。ロープウェイの下り時刻の最終は21:00です。

夜景を見終わった後は三宮に出ればたくさんお店がありますので、おいしいディナーを堪能することもできます。

百万ドルの夜景を手軽に楽しみたいということであれば、神戸布引ハーブ園はとてもお勧めですので、ぜひ一度訪れてみてくださいね。

アンパンマンミュージアムがある神戸ハーバーランドを子供と楽しむ

神戸といえばおしゃれな港町のイメージですよね。

神戸にはそのイメージにぴったりなハーバーランドというエリアがあります。JR三ノ宮駅から5分ほどで行けるとても便利なところです。

ここにはいろいろなショップや施設が集まっていて、大人だけでも一日中楽しむことができます。ショッピングすることもできますし、グルメを楽しむこともできます。
でも、ハーバーランドの魅力をもっとも高めてくれるのは、子供の聖地であるアンパンマンミュージアムがあるということです。

アンパンマンミュージアムは横浜、仙台、名古屋、福岡、そして神戸の5つしかありません。
そのうちの1つが神戸にあり、関西や中国地方に住んでいる方にとって、神戸のアンパンマンミュージアムは是非行っておきたいスポットです。

子供が行くと夢中になること請け合いです。目の輝きが変わります。

アンパンマンミュージアムでは、アンパンマンのキャラクターたちが描かれた遊具やおもちゃがたくさんあり、それらを使って遊ぶことができます。体を動かして遊ぶことができます。

体験コーナーとして、工作教室やお絵かきなどのイベントも開かれています。人形劇もあったり、アンパンマンのショーもあるなど、子供にとってとても楽しい仕掛けがいっぱいです。

そして、ジャムおじさんのパン工場もあります。アンパンマンやバイキンマンなどのキャラクターの顔で作られたパンが売られています。買って食べることができますよ。実際にパンを作るところも見ることができます。

すぐ外には観覧車が回っていて乗ることができます。お金がかかってしまいますが、これに乗ると神戸の街と港を見下ろすことができます。乗るときに記念撮影をしてもらって、降りたときにできた写真を購入することもできます。写真は1枚1000円です。買わないこともできるので、記念にほしい人は、買ってみてください。

アンパンマンミュージアムは、ミュージアム部分とショッピングモールの部分にわかれています。ミュージアムに入るには入場料が必要ですが、モールの方は無料です。

ちなみに、ミュージアムへの入館料は1500円です(税込)(1歳以上)。

1歳以上からお金がかかるので、子供がたくさんいる家庭にとってはちょっと考えてしまうかもしれませんね。でも、きっと子供は大喜びしますよ。

営業時間は次のようになっています。

ミュージアム
10:00~18:00(最終入館17:00)
ショッピングモール
10:00~19:00

定休日は元日のみとなっています。他に館内改装・保守点検等による臨時休業もあるようですが、ほぼ毎日やっていると思って大丈夫そうです。

アンパンマンミュージアムの隣はすぐ港になっていますので、海を見ながら過ごすのも良いですね。
お弁当を館内で食べることはできませんが、ミュージアムの外にはベンチがあり、そこでならお弁当を食べることができます。海を見ながらお弁当を家族で食べるというのも良いですね。

もちろんハーバーランドには、ショッピングができるお店もたくさんありますので、そちらで買い物をしたりご飯を食べたりなどしても楽しいですよ。